eラーニング:QCD管理のコミュニケーション術

eラーニングメモ

グローバルマネジャーへの道:QCD管理のコミュニケーション術


コミュニケーションのポイント

スキル

  • アクティブリスニング
    仮設を立て、それを確認していく。漫然と聞かない
  • ロジカルスピーキング
    根拠立てて順に説明していく

    マインド

  • 伝わるまで続ける根気強さ
  • 丁寧に伝えていくこと

グローバルコミュニケーション

ハイコンテクスト文化 聞き手に依存する日本的文化(行間を読む) ローコンテクスト文化 話し手に依存する欧米的文化(行間を読まない)

作業依頼

「誤解しようのない明確で納得できる依頼」がゴール

作業を伝える

  • 背景を伝える
  • 依頼内容を伝える
  • 作業の進め方、成果物のサンプルを提示=目線を合わせる
  • 作業内容を理解しているかを確認する

期日の決め方

  • 作業に必要な時間と内訳を質問する
  • 合意の上で、納期を設定する
  • 進捗確認の約束をする
  • 確認のメールを送る

ネガティブフィードバック

  • 改善してほしい行動を具体的に指摘する(行動に注目。感情的にならない)
  • 行動によって引き起こされた/引き起こされる結果を伝える(影響や重要性を認識させる)
  • 具体的にどう改善してほしいのか伝える
  • 次に向けたフォローの一言

ポジティブフィードバック

  • 具体的な行動を指摘する(大げさにほめる。対面で伝える)
  • 行動によって得られた成果や結果を伝える
  • 行動の継続と更なる強化に対する期待を伝える
  • ステップアップに向けたチャレンジを提案する