読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストエンジニア

①DevOps時代のテスト自動化カンファレンス 冬の陣 に行ってきた

 
テスト/品質系エンジニアが身に付けておくと得をする7つの技術
広告を非表示にする

エンジニア&テストエンジニア系

 ネットで見つけたエンジニアになる系のネタ。

①ウェブエンジニア

人は一ヶ月でエンジニアになれるのか - 詳細解説

 

②テストエンジニアの人の話

kyon-mm.hatenablog.com

③テストエンジニアの人の話#2

テストエンジニアの品格 #automatornight

 

④テスト自動化の話

20140903 じどうかの窓口特別編 君にもなれる!?テスト自動化エンジニア

 

オンプレミスで使用できるカッコいいチャットツール(検討編 vol.1)

要件:

  • 社内サーバで使える
  • 割と一般的な技術要素で構成
  • チャットが使える
  • ユーザー上限数無し
  • もちろん無料、ライセンスフリー
  • ツイッターみたいに情報をゆるく垂れ流しできる
  • JIRA、Jenkinsとかと連携(bot

考察:
社内で使っていたチャットツールが諸般の事象で使用中止に。
それに代わるチャットツールを自チームで用意する必要がある。
社内標準のチャットツールが使用中止になった理由から考えると、
それなりに説得力のある「別の」理由づけが必要。

・開発環境の状況をリアルタイムに共有
・本番トラブルの状況をリアルタイムに共有
というこれまでのツールではできなかったことまでできれば、かなりいいかも。

世間的にはSlackとかChatWorkが人気っぽい。
インターネット環境や有料版はNG。

<参考>
オープンソースのチャットツール紹介

www.moongift.jp



ビジネスチャットツール紹介

y-knot.jp



<Slack系>

LINEでいいの?社内チャットツールの導入検討 | ロードバランスすだちくん

非エンジニアがSlackを使い始めて1ヶ月経ったのでその使い道をまとめてみる | ごりゅご.com





<DevHub>
DevHub使ってるユースケース

qiita.com



GitHubのDevHubページ

github.com




<Zulip>
Dropbox社製のチャットツール。けっこういい感じ。
ニュース

osdn.jp



GitHub
https://github.com/zulip/zulip

Zulip関連Qiita

github.com

 

qiita.com



<HipChat>
アトラシアンのチャットツール。有料なので、ムリ。

2016年やること(1月編)

いろいろ検討した結果、2016年の計画およびログは以下で。

ライフログ
日々の日記、雑記など。
Evernoteベースで。

App:PostEver2 - 記録用

 App:Evernote - 参照用 

Evernote

Evernote

 

■計画・進捗
1か月、3か月先のスキルアップ、勉強の計画立案と進捗管理
Excelベースで。

App:TickTick

TickTick - タスク管理ツール

TickTick - タスク管理ツール

  • Appest Limited
  • 仕事効率化
  • 無料

 

■勉強成果
勉強した結果を記録していく。

App:Studyplus 

Studyplus - 勉強管理SNS

Studyplus - 勉強管理SNS

  • Studyplus Inc.
  • 教育
  • 無料

 

■時間管理
毎日の実績時間を記録、分析すること。ムリ・ムダ・ムラをなくす。

App:aTimeLogger2 

 

■習慣化
ルーチンで実施していくタスクは習慣化して効率化すること。

App:WepleHabit 

ウィプル 習慣 - Weple Habit, To-Do

ウィプル 習慣 - Weple Habit, To-Do

  • bumblebee
  • 仕事効率化
  • ¥360

 
App:Productive(次点) 

 

■タスク管理
ルーチン以外のタスク管理。家族共有。

App:Wunderlist 

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理

  • 6 Wunderkinder
  • 仕事効率化
  • 無料

 

■支出管理
家計簿

App:支出管理 

支出管理

支出管理

  • SHIBUYA Masanori
  • ファイナンス
  • ¥120

 


 

英語のリスニング克服に向けて

参考リンク

gettoeic900.hatenablog.com

英語リスニングの効果的な学習方法

 

mysuki.jp

 

matome.naver.jp

教材?

www.iq-strategy.com

 

 

 

英語の勉強(基礎編 vol.1)

英語の勉強の基礎編。

 

方針

何事もまずは基礎から。
以下の記事を参考に基礎を固める為に3つのポイントで勉強する。
流れとしては、この3ポイントで基礎を固めて、実際の会話(リスニング、スピーキング)を鍛えていく。

①発音
②単語
③文法

(以下参考ブログから抜粋)

takuyatakahashi.hatenablog.com


1.発音記号、発音の仕方を覚える → 発音しながら覚える。最初の1週間で
2.単語を覚える → シャドーイング&イメージで覚える。4回復習。毎日2時間、2か月で。
3.文法を覚える → 例文丸暗記。シャドーイング。毎日1時間半。1か月で。
4.日常会話を覚える → ドラマを10回見る。1日4話分(30min×2H)で1か月。
5.英会話を実践する

 

★復習のポイント
•1日後
•2日後
•7日後
•30日後
で4回実施すると確実な記憶として定着する。

 

シャドーイング

語学の勉強では欠かせない勉強法、シャドーイング

gettoeic900.hatenablog.com

 

教材説明


それぞれの教材。1レッスン30min枠で1日4レッスン(2hours)。


①発音

母音(26音)・子音(24音)で、DVD(説明重視)とCD(練習用)。

母音・子音でそれぞれ3レッスン分。

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

 

 

②単語

 Level1~6。1レッスン30minでLevel1つの半分くらい。

データベース3000基本英単語・熟語

データベース3000基本英単語・熟語

 

 

③文法

 24章。1章30minくらいなので、1章1レッスン。文法理解用。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

上と同じで24章。1章30minくらいなので、1章1レッスン。暗記用。 

総合英語Forest(7th Edition)音でトレーニング

総合英語Forest(7th Edition)音でトレーニング

 

 

 

eラーニング:問題解決コース

研修で受けたeラーニングの内容をまとめたメモ。 けっこう発見があって面白かった。

3 顧客の不満足に対処する

クレーム受付時
受け付けた際、自分の言葉で言い換える。
事象について誤解がないよう確認する。何があるべきか、何が問題化の明確化する。

4 顧客志向型組織の醸成

■実用的なツール
メンバーが十分なツールやフローを理解・把握しているか?
ヒアリングすること。十分な情報・ツールを提供できているか?

■両立する目標
メンバーに新しい目標(=タスク)を依頼する際、優先度を見直して伝えているか?
矛盾する目標はメンバーの不満につながる

■トップマネジメントへの代弁者となる
マイナス面を伝える
リスクを伝える=代替策を提案する

5

個別指導手法→PAT

  • Preparation
    • 診断(何が問題?何が必要?目標を明確にすること)
  • Action
    • 行動(目標を説明する、実践して見せる、やってみせる、質問する)
  • Tracking
    • フォローアップ(実践できているか確認する、引き続きフォローすることを約束する)

6

顧客のようにメンバーに接すること
①それには3つのニーズにこたえることが必要
- 安心感がある - 誠実、間違える権利を与える
- 尊重されている - 共感する、詳細に気を配る
- 勝者になる - 好意的、WIN-WIN

②メンバーに手本を見せること

7&8 アイディア

■メンバーはアイディアを持っている!それを活かせるかはマネジャー次第!
アイディアを提案させることが仕事、その時のポイント

  • 解決策を提示しない
  • フォローアップする
  • 自身に実行させる(アイディアを奪わない)
  • メンバーと問題を共有する
    →信頼のメッセージで応えること!
    →3回の感謝を実行する(問題提起、解決案提起、最初の結果が出たとき)
    →公式な場で認める、褒めること

■アイディアに対するアクション
アイディアをすぐに聞く
解決策の提示を求める
①シンプルなアイディアが出てきたら。。。

  • 提案に対してクイックレスポンス
  • まずやらせてみること!(もしもっと良い案があっても)
  • 結果が出てから改善を指摘する(問題を指摘して、それに対する改善を発見させる)

②複雑なアイディアの場合

  • 制約事項を説明する(リソース、予算)
  • 発案者に最後までやらせること

■アイディアを文書化する(管理する)

タイムマネジメント

10

<時間配分と優先事項>
強みと弱み を3つずつ
まず、振り返り(いまの時間の使い方)

  • 時刻
  • 内容
  • 予定内/予定外
  • 所要時間

を書き出していく
午前中の7つの行動をあげる(通常通りの1日で)
→このうち、自分の仕事ではない、給与の対象ではないこと=時間の浪費分

a)存在意義を考えてみる。(思いつく限り書き出してみる)
①自分の会社
②自分の部門
③自分の仕事

b)優先事項を考えてみる(いまの緊急度が高く、重要度が高いこと)
①自分の会社
②自分の部門
③自分の仕事
→上記2つをマトリクス化

c)価値観と人生における優先事項を全部思いつく限り書き出してみる
①プライベート
②仕事

→そこから優先度が高いものを決定する(3つずつ)

まとめの表
①人生における優先事項(3つ) c)
②仕事における優先事項(3つ) c)
③自分の仕事の存在意義 a)
④自分の仕事の優先事項 b)

※この表で矛盾・対立があった場合は見直しが必要!

<時間の浪費>

パーキンソンの法則
「多すぎる時間は無駄に使われる」
(=与えられた時間をすべて消費する)
マーフィーの法則
「何事も思っているより時間がかかる」
イリイチの法則
「労働時間がある一定限度を超えると、効率性は低下し集中力を保つのが難しくなる」
④カールソンの法則
「1つの仕事をする場合は継続してやるほうが何度かに分けて行うよりも短時間で達成できる」
⑤フレスの法則
「時間とは主観的なもの。楽しんでいるときは時間がたつのが早いが、いやなことをしているときは永遠に終わらない様に感じる」
パレートの法則
「20%の努力が80%の成果を生む」
→緊急の仕事と重要な仕事を混同してしまう

<プランニングツール

!緊急なものが必ずしも重要なものとは限らない!

  • 緊急 高い & 重要度 高い →なるべく減らす 1/3の比率(※誰にとって緊急性が高いのか、考える)
  • 緊急 低い & 重要度 高い →優先する 2/3の比率
  • 緊急 高い & 重要度 低い →委任
  • 緊急 低い & 重要度 低い →やらない

※相手や周囲の場合、見直してもらう

■年度計画

  • 自分の時間をとる
    • 休暇
    • 研修
    • 思考時間
  • イベント/業務の期限
    • 四半期
  • 準備の時間とまとめの時間もとる

■月度計画 以下でマトリクスを作成する

  • 仕事
  • 必要な時間
  • 期限
  • 重要度
  • 緊急度
  • 興味・関心度
  • 難易度

重要度と緊急度のマトリクス

<仕事の阻害要因>

一番の阻害要因は割り込み

<トラブルメーカーへの対応>

「交渉」を実施する

■せっかちタイプ 自分の傾向を有効に活用する

  • 短期の仕事を中心に進める
  • 長期の仕事は因数分解する
  • 完全性を求めすぎない
  • 自分の熱中度を把握する=途中で放棄しないように!

■トラブルメーカーへの対応 問題の全体像を把握する

  • 問題が何なのか
  • 具体的には何をしてほしいのか
  • いつまでにしてほしいのか

<ストレスマネジメント>

良いストレスと悪いストレスがある。
どちらもコントロールしないといけない。